消費者金融の審査とは?【お金を借りるためのうまい方法】

消費者金融でお金を借入れする際、行われる審査ですが、消費者金融の審査とは一体どんなものなのか、またどんなことが行われるのでしょうか。
それでは、「収入証明書不要のカードローン一覧【金額別で比較】」を参考に解説致します。

 

なぜ審査は行なわれるか

 

消費者金融に限った事ではありませんが、お金を融資する側にとって審査はとても大切な部分となります。
審査を行うことにより、申し込みした人に返済するだけの経済能力があるかどうかを見極めることができます。

 

審査をいいかげんにしてしまうなら、貸したお金を返すことができない人にまで融資してしまう可能性が高くなります。
貸したお金を回収できないとなると、そして会社の経営そのものに大きな打撃となってしまいます。最悪、倒産してしまうことにもなります。

 

お金を貸しても返してくれる信用の基お金を貸すためには、審査は必要不可欠なのです。

 

審査によって決まることとは

審査によって、その人の属性というのが決まってきます。
審査での属性とは、申し込み者どんな人であるかという個人情報のことです。

 

申し込みをする際、記入する項目に、例えば住所、住所種類、会社名、入社年数、勤務形態、収入、保険証書類などがあります。
申し込み者が記入した、それら属性に消費者金融側は、点数をつけるようです。

 

その点数が高ければ高いほど、申し込み者の評価が良い事になります。
その点数は、ただ単にお金を貸付けできるか否かだけではなく、どのくらい貸付けができるか、審査の時に大きな判断材料となっているようです。

 

審査の時に属性の他に調べられるものとは

審査の時に重要になってくるのは、「属性」のほかに「個人信用情報」です。
「信用情報」とは、個人のお金に関する履歴書のようなものです。

 

「信用情報」は、個人情報機関で管理されており、消費者金融は審査の時、その機関を利用します。
消費者金融は審査の際、申し込み者の過去、そして現時点での他社からの借入れ状況や返済情報などを閲覧します。

 

その理由の一つに、利用者がネガティブな情報(例えばきちんと返済されていないなど)があるかどうかを知るためです。
もし、もう申し込み者に貸し借りの際のマイナス情報が記載されていれば、審査時、その人の信用の評価は低くなります。

 

また、申し込み時、他社からの借入れがある場合、どれだけ借入れしているかも調査します。
消費者金融は、貸金業法に沿って営業しています。

 

その法には「総業規制」という規制があります。貸金業者は利用者側に、年収の3分の1以上の融資はできないことがこの規制よって定められています。
その規制は、すべての貸金業者からの借入れ総額が年収の3分の1以内となっています。

 

申し込み者に年収の3分の1の借入れが、他社に既に有るか無いか、また、他社からの借入れが3分の1達していないのであれば、どれくらい借りつけできるのかその信用情報によって判断できます。
信用情報は審査時に、その人を信用しお金を貸すことができるか、また、融資できるならどれほどできるか決める点で重要な役割を果たしているのです。

 

消費者金融の審査はどのくらい時間が掛かるか

お金は急に必要になるものです。
ですが、審査は結果が出るまで日にちが掛かるというイメージがあるものです。

 

そこで、注目したいのは、大手消費者金融の審査時間です。
大手消費者金融での借入れは、審査結果までがとても速いことで有名です。

 

消費者金融のテレビコマーシャルなどの広告で大々的に宣伝している「スピード審査」というのを目にしたこともあるかもしれません。
では、大手消費者金融の審査はどのくらい速いのでしょうか?

 

例えば、大手消費者金融のアコム、アイフル、プロミスでは審査結果まで最短30分となっています。
この数字から、スピード審査を行っていない企業と比べ大手消費者金融の審査が圧倒的に速いのは明らかです。

 

大手消費者金融はこの「スピード審査」により、融資までの時間もとても速くなっています。

 

審査に通るために

この記事では審査について、また審査時に行われることに触れてきましたが、もちろん企業によって、審査の仕方、またみられる点など異なってきます。

 

いずれにせよ審査は、貸す側が申し込み者の信用を測る上で必要、不可欠なものです。
消費者金融もきちんとした審査で、お金を貸しても大丈夫という人にだけに融資します。

 

また、どのくらいお金を貸すことができるかも審査によって決められます。

 

審査と聞くと、不安という方も多いようです。
初めて利用するので不安、他社に借入れがあり不安、収入が少なく不安など、不安要素は人によってさまざまです。

 

そんな方にお勧めなのが、大手消費者金融の公式サイトで、実施している事前に借入れ可能か判断できるサービスです。
例えばプロミス、アコムでは、3秒、アイフルなら1秒、モビットなら10秒で借入れ可能か知ることができるようです。

 

これはあくまで目安なので、借入れ時の審査とは異なる結果となるかもしれませんが、借入れできるか不安の方は利用してみても良いかもしれません。